ちたけにっき

英語が話せない30代主婦ちたけの渡米や子育ての記録。2022年夏から家族4人でアメリカにて生活。

【子育て】カエルの鳴き声がわからなかった息子。

こんにちは、ちたけです。

f:id:titakemaitake:20220625191630j:image

梅雨は家にこもりがちになりますが、雨上がりに「みずたまレンズ」を探して遊んでいます。

葉っぱの上、クモの巣、フェンスなどについた「みずたまレンズ」をのぞいてみると、向こうの景色が逆さまに見えたり、自分の顔が写ってみえたり。

「くものす きらきらして きれいだねー」

と言っている息子を見て、とても幸せな気持ちになりました。

 

そんな息子ですが、この前、驚きの発言。

家の窓を開けると、一年ぶり?にカエルの合唱が聞こえました。私の住んでる地域では風物詩です。

 

久しぶりにカエルの合唱を聞いた息子。

「なんか クリスマスの すずのおとしない?」と不思議そうに言いました。

 

例えたわけではなく、ほんとに鈴だと思ったようで、「カエルの鳴き声だよ」と教えると「あ、カエルかー!」と思い出した様子でした。

 

しばらく聞かなかっただけで、まさかカエルの声がわからなくなってしまうなんて!と驚きました。

 

そんなことがあり、引っ張り出してきた季節の本。

 

『くらしのこよみ』『にっぽんの七十二候』

f:id:titakemaitake:20220625191627j:image

だいぶ前に趣味で買った本。『くらしのこよみ』は写真や文章がきれいで、ながめているだけも楽しいです。

 

しばらくしまいこんでいましたが、改めて読んでみようと思いました。

 

アプリもあります。今日の暦がわかります。

くらしのこよみ for iPhone

くらしのこよみ for iPhone

apps.apple.com

 

英語版もあります!

72 Seasons

72 Seasons

apps.apple.com

 

『はじめての行事えほん』

 


こちらは船便でアメリカに送ってしまい手元にはないのですが、こどもが日本の行事を忘れないようにと思い購入しました。

知らなかったことがたくさん書いてあり、大人が読んでもためになりました。ずっと大切にしたい絵本です。

 

今回のカエルの件で、季節感のある子育ての大切さを感じました。

 

こどもには絵本や遊び、行事を楽しんでもらい、日本の美しい自然や伝統を覚えていてほしいなーと思います。

 

 

 


 


 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村